タイピングが得意な人の仕事

タイピングが得意な人や、タイピングが好きな人は、その特技や趣味を生かせる仕事に就きたいと考えたことがあるはずです。今回は、タイピング能力が行かせる仕事について考えていきたいと思います。

タイピングが行かせる仕事

タイピング能力が生かせる仕事は、一言でいえばタイピングを行う作業が含まれる仕事です。しかし、特別な仕事を除けば、ただタイピングをするだけの仕事というのはなかなか存在しないので、タイピング作業が比較的多く、速度や精度が重要な仕事がタイピング能力を生かせる仕事となります。

タイピング能力が生かせる、一般的な仕事は次のような仕事があります。

  • プログラマ
  • ライター
  • データ入力
  • メールサポートセンター

データ入力はほぼタイピング能力だけで行うことができる仕事ですが、近年は手書き文字認識のソフトウェアが発達したため、文字をタイピングしてデータを入力するような仕事は減りつつあります。今後はデータ入力の仕事ではなく、文字認識ソフトの後の確認作業が必要になってくきそうです。

タイピング能力以外の能力が必要

基本的に、タイピングだけの仕事があるとすれば、それはソフトウェアが自動に行うことができる可能性が高いということになります。つまり、今後も存在するタイピング能力が必要な仕事は、文書を考えるなので、タイピング能力以外の能力が必要となってきます。

そもそも、タイピング能力が高いということは、早口言葉が得意であるのと同じことで、それだけを生かす仕事はなかなかありません。

しかし、タイピングは近年にほぼ全ての仕事で必要な能力とされており、高いタイピング能力は非常に魅力的な能力の一つであることは間違いありません。

プログラマは、一般的にタイピング能力を生かせう仕事と挙げられますが実際にはそれほどタイピング能力は必要なく、むしろ少ないタイピング量で、できる限りコンピュータを使い自動で行うことが好ましいとされています。

ライターに関しては、タイピングの能力は非常に重要ではありますが、これも、そうとう得意な分野で 無い限り文章を考えるのにタイピングの手が止まらないということはありえません。タイピイング速度が遅いよりも速い方が良いにきまってますが、作業効率が飛躍的に向上することはないでしょう。

最後のメールサポートセンターは高いタイピング能力が必要となる仕事です。マニュアルを検索して問題を解決する能力が基本となりますが、ある程度仕事に慣れてくると、同じような事例に遭遇することになります。その場合は、特に文章を考える必要はないので高速タイピングのメリットを存分に感じることができます。

いずれにしてもタイピングが得意なだけで優位にこなせる仕事はそれほど存在しません。だからこそ、その得意なタイピング能力を存分に生かすために、文章を考える能力などの別のスキルを身につけることが重要になります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする