タイピングの疲労を減らす椅子

デスクワークに適した椅子(デスクチェア)として、ハーマンミラーのアーロンチェアが有名です。アーロンチェア以外にも、ハーマンミラーの椅子はどれも、長時間のデスクワークの疲労を軽減することができます。

ただし、ハーマンミラーの椅子は、その機能性と比例して価格もかなり高額です。老朽化したパーツの取り替えといった長期的なサポートをあるので、結果的にはお得な椅子なのですが、なかなか最初の一歩を踏み出すことができないことも事実です。

それでも、タイピング作業を今現在も行なっている人とっては、今すぐ快適な環境を整えたいと考えているはずです。そのような場合は、比較的手軽でタイピング時の疲労を軽減することができる椅子を購入してみてはいかがでしょうか。

タイピングを行うときの疲労を軽減できる椅子の特徴としては、身体をしっかりロックできる機能が備わっています。つまり、身体を自由に動かせる椅子でタイピングをすると疲れてしまうのです。

他にも、デスクワークの疲れを癒す機能としてリクライニング機能が備わった椅子もたくさんありますが、別に休憩する場所を設けている場合は、特にリクライニング機能は必要ありません。

筆者が実際に座ってみた椅子の中で、これらの条件を満たしている椅子はシグマAPOのバッケトシートチェアです。1万円を超えているので、安価と呼ぶことはできないのかもしれませんが、タイピング作業の疲労を軽減するには十分な機能性を備えています。

他にも、低コストで高機能なデスクワークチェアはたくさんあると思いますので、実際に試座して自分の体格と、ニーズに合った椅子を探してみましょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする