HHK以外に気になるキーボード

HHKの短所

筆者はHHKを愛用しており、HHKのことが大好きですが、すべての人にオススメすることはできません。HHKはとても素晴らしいキーボードですがいくらかの短所があります。

HHKの魅力の一つが、カチカチっという音です。この音がクセになり、タイピングしたい衝動に駆られるのも、この音があってこそです。また、この音でリズムをつかみミスタッチを減少させているようにも感じます。しかし、この音が一番の短所だと言えます。音を立てることができない環境では、HHKを使うこと自体ができません。喫茶店で使う場合でも少々音が大きすぎるかもしれません。携行性に優れいているのに音が原因で持ち運びにくいという現状があるのではないでしょうか。

HHKの代わりになるキーボード

HHKの代わりとして使うのですから、HHKよりも音が大きいキーボードは論外です。またタイピング速度が遅くなるようなキーボードも代わりとして使うことができません。それらを考慮して気になるキーボードを紹介します。

そして気になるキーボードがRealForceです。特に NG01B0 REALFORCE91UBKという機種が気になります。音が小さくてHHKよりもキーが軽いの特徴です。キー配列は日本語です。キー配列設計に関してはダントツでHHKの方が上回っているような気がします。特にHHKの魅力的なカーソルキーが使えないのが残念です。HHKではFnキーを組み合わせることによって、ホームポジョションから離れることなくカーソルキーを入力することができます。それでも、やはり音が小さいというのは魅力的です。HHKでも音が小さいタイプを発売してくれると嬉しいのですが。