HHKBpro2にはグリスよりオイルがおすすめ

HHKBをある程度使い込むと、キートップの下にたくさんの埃がたまってきます。そのため、HHKBを快適に使い続けるためには、キートップを取り外してメンテナンスをする必要があります。

キートップはアイスの棒のような平らなで長い物を使えば簡単に取り外すことができます。取り外したあとは、OAクリーナーなどで汚れをがっつり拭きとってしまいましょう。特に、スイッチ部分のグリスは綺麗に拭きとることをおすすめします。

普通にHHKBを常用していると、スイッチ部分のグリスと埃が混ざり、固くてネバネバした状態に変化してしまっているはずです。最近HHKBのキータッチが少し重くなったと感じたらこの症状を疑うのが良いでしょう。

グリスを綺麗に取り除いたらシリコンオイルを塗ることをおすすめします。ちなみに筆者は普通の万能オイルを塗っているのですが、どうやらプラスチックに使うのは好ましく無いらしいので、シリコンオイルの利用をおすすめします。また、何度も定期的にオイルを塗り直すのが面倒という方は、フッ素系潤滑油を使うと良いかもしれません。

ちなみに、筆者は以前まではオイルではなくグリスを塗りなおしていました。グリスを塗り直すと購入当初の状態に戻ります。それに対してオイルを塗ると少しタッチが軽くなって打鍵音も少し小さくなります。効果は微笑ではありますが、静音化したい方は一度試してみてはいかがでしょうか。おそらく、グリスが弓矢の弦のように働き勢い良く基盤にぶつかっていたのが解消したため音が小さくなったのかもしれません。

キートップと本体を洗浄して、オイルを塗り直したら、あとはキートップを元通りに戻すだけです。無刻印の場合は、キートップの裏に書いているアルファベットを見てはめ込むと簡単です。Bと書いているキーは手前から2段。Cは3段目。Dは4段目。Eは一番奥側の段です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする