テキストエディタの選び方

皆さんはどのテキストエディタを使っているでしょうか。Windowsならデフォルトでメモ帳というテキストエディタがアクセサリに備わっているので、装飾が不必要なテキスト文を入力するときは利用する方も多いのではないでしょうか。ただ、メモ帳よりももっと高機能で便利なテキストエディタは多く存在し、もっとあなたに合ったものがあるかもしれません。今回はテキストエディタを選ぶいくつかの判断基準をご紹介します。

使いやすいテキストエディタを選ぶ

テキストエディタで最も重要な要素は自分にとって扱いやすい、もしくは、意図が理解できるテキストエディタであることです。何か一つの機能を使うたびに、マニュアルを開いくのでなく、ある程度直感的に扱える必要があります。

例えば、メモ帳の機能のメニューは、ファイルや編集など大まかなカテゴリに分かれていて、その中に細かい機能が用意されています。このように、ユーザにとってわかりやすい操作画面を用意してくれれば、テキストエディタ手軽さを味わいやすくなります。

一昔は、コンピュータで文章を書くときは、必ずテキストエディタを起動する必要がありましたが、最近では専用のソフトウェアが多く開発されており、用途に応じて専用のソフトウェアを起動した方が生産性が高くなるのが普通です。そのため、テキストエディタどのような場面でも安定して使える手軽さを求めるべきです。

慣れれば強力な高機能

人気のテキストエディタの中には、最初は扱いにくものもたくさんあります。例えば、Unix系に人気なVimやEmacsなどのです。これらのテキストエディタのインターフェイスは、メモ帳などと違ってWindowsユーザには少し親しみにくい部分があり、第一印象は扱いにくいと感じるかもしれません。

しかし、こららのテキストエディタは、非常に細かいカスタイマイズを行えるため、ある程度時間をかけて設定を行えば、自分にとって最も扱いやすいテキストエディタになるかもしれません。

生産性を重視するなら、専用のソフトを利用した方が良いとも書きましたが、ソフトウェアを設計ひとの好みや作業スタイルによって、それらの機能は定まったっています。そのため、最も自分のスタイルに合った、ソフト手に入れるには、ある程度手間をかけてカスタマイズをしなくてはいけない場合もあります。

結局、テキストエディタを選ぶ基準はどのような作業に利用するのかによって大きく変わってくるのです。例えば、毎日多様な作業を行う人は、手軽さを重視した方が良いかもしれません。毎日長時間同じ作業を行っている人は、高機能でカスタマイズ可能なテキストエディタを選べば、日々日に仕事を効率的に進めることができるようになります。

どのテキストエディタを選ぶか考える前に、何にテキストエディタを使うのかを考えてから、選べば、きっとあなたに合ったテキストエディタに巡り合えるはずです。