「Linuxの哲学」のレビュー

Linuxについて深く知りたいと思い、古本屋で「Linuxの哲学」という書籍を見つけ購入しました。Linuxの哲学の感想や、概要を紹介したいと思います。

Linuxの入門書

Linuxの哲学というタイトルからは、中級者から上級者向けの書籍のような印象を受けますが、内容自体は、Linuxの使い方や用途、文化、仕組みなどを浅く広くまとめた内容です。タイトルに釣られて購読した方にとっては、残念な内容に感じるかもしれませんが、Linux入門書としては非常にわかりやすくまとめられています。

Linuxの哲学では、全ての知識が浅く説明されている上、シェルスクリプトやコマンド、設定ファイルの概念については浅く説明されていることから、これ一冊だけでは、入門書としては不十分でしょう。なんとなく、サーバー構築の書籍を購読して、なんとなくLinuxが触れるようになった方や、どんなLinux入門書を購入すれば良いのわからない方にとっては一読しておく価値は十分にあると思います。

Linuxの魅力をもっと紹介して欲しい

Linuxに移行する動機や、Linuxの可能性について、ところどころ紹介されていますが、この「Linuxの哲学」はもっとそのあたりを中心に記載して欲しいと感じました。viの操作方法や、圧縮ファイルの話など書籍全体から見るとどうしても尺稼ぎのように思えてしまいます。もっと実際にLinuxを愛用している人が、Linuxを選択している理由などを中心に説明してくれれば、おのずとLinuxの概念や哲学を理解することができるはずです。

「Linuxの哲学」の後半では、システムズプログラミングや、シェルスクリプティングなどについて書かれていますが、どのような動機があってシステムズプログラミングやシェルスクリプティングをするのかが紹介されていません。

「Linuxの哲学」ではLinuxの哲学はわからない

入門書としては、専門用語が多く使われ、それらの説明が少なく、中級者向けとしては掘り進んだ内容のものがないため、対象者をしっかりと定めた書籍ではなさそうです。最後まで読んみた感想としては、Linuxを題材としたブログを呼んだ感覚によく似ているという印象です。書籍全体を通して、紹介したい大きな課題があるわけではなく、Linuxに関する記事を無作為に紹介しているように思えます。

Linuxについていろいろ勉強したいけど、何から勉強すれば良いのかわからないことがあります。そのような場合は、この「Linuxの哲学」が勉強のきっかけになるかもしれません。