ハイパーリンクの文字列がSEOに影響

あまりSEOについての知識は無いので、少しずつ勉強していこうと思います。
この前の、アルゴリズム(SEOの世界ではルールのことをそういうらしい)は変更されて、もう変わってしまっているかもしれないので、間違っている内容になっているかもしれませんので、ご注意。
「SEOには相互リンク」っと、どのSEOの情報を書籍を読んでも書いているのですが、それは本当みたいです。
たくさん関連のある相互リンクをしている=大規模な一つのサービス
という可能性が高いからでしょう。
しかし、単語に意味の紹介を省略する時に、Wikipediaのようなサイトに対してリンクを張ることがあります。
ということは、その内容を知りたい人にとっては、直接Wikipediaが検索の上位に出れば、とても便利ですよね。
ということで、相互にリンクを張っていなくても、関連のあるコンテンツからリンクを張られるだけでもSEOの効果があるということです。
同時、その「関連性」を判断する要因の一つが、ハイパーリンクの文字列と考えられています。
たしかに、評価する方法としては、そのような方法の判断プログラムなら作成することは容易ですし、関連性を見出すには十分だと思います。
上記に内容を証明する事例としては、googleの検索エンジンで18禁と入力すると、YahooやGoogleが出てくるということです。
アダルトサイトで「18歳未満はこちら」というハイパーリンクのリンク先がYahoo Googleであることが多いからでしょう。