プログラマのOS

ノンプログラマの人にとっては、プログラマは黒い背景に白文字が表示された環境でプログラミングを行っているイメージがあるのではないでしょうか。実際に一昔までは、技術系の人はUnixのCUI環境え開発をしている人が多かったのですが、最近では、好きなOSを選択することができます。

一般的なプログラミング環境

現在プログラマにとって最も一般的なOSはWindowsではないでしょうか。WindowsのOSが最も普及しているので、プログラミングに必要なソフトもWindowsで起動できるようにようになっていることが多いのです。

しかし、WEBサーバのOSはLinuxか、Unixが使われることが多いため、開発用のテストサーバにはLinuxのOSが使われることが多くあります。Windowsでも、Linuxと同様のスクリプトやサーバを利用することができますが、実際は様々な部分に違いがあるのが現状です。

Ubuntuでプログラミング

Windowsでプログラミングをするのが一般的ですが、決してWindowsが最もプログラミングに適しているというわけではありません。最近ではMacを開発環境のOSとして選択する人が多くなっています。MacはUnixとしての機能も充実しているため、プログラムを書ける人にとっては、非常に強力なCUI環境を提供してくれるのです。

また、デスクトップ用LinuxのUbuntuもプログラミング環境として有効なOSと言えます。プログラミング言語のインストールはWindowsやMacに比べても、格段に簡単に行うことができます。さらに、Apachの動作も非常に軽快で、WEB関連の開発をしている人にとっては、簡単なテストはより気軽に行うことができます。

Windowsで最も使われているプログラミング環境である、EclipseもUbuntu上で起動することができます。Ubuntuでも動作するというよりも、むしろWindowsよりも軽快に動作するため、VistaやWindows7では動作が重いと感じている方は、一度Ubuntuでも試してみてはいかがでしょうか。

今後はさらに、Ubuntuは親しみやすいOSとして発達していきそうなので、Windowsに代わるプログラミング環境のデファクトスタンダードになっていくかもしれません。