Emacsで簡単にコメントアウト、コメント解除

Emacsでプログラムなどをコメントアウトするときは、マークを設定後、リージョンを確保して
M-x comment-region
でコメントアウトしていました。
実はもっと簡単な方法があり
M-;でコメントアウトすることができます。
これは comment-dwim というコマンドでデフォルトにM-;にバインドされています。
コメントを解除する場合も、リージョンを選択して
M-;
で完了です。
comment-dwimはcomment-regionと違って、そのつど最適なコメントを選びます。
もし満足のいく動作をしなかった場合は、comment-regionをバインドするのもいいかもしれません。

(global-set-key (kbd "C-c ;") 'comment-or-uncomment-region)

comment-or-uncomment-regionというのは、
コメントされていない場合は comment-region つまりコメントアウトを行い
コメントされている場合は uncomment-region つまりコメント解除を行うコマンドです。
ただし、comment-region uncomment-region 単体もお役ごめんというわけにはいきません。
例えば、リージョン内の全てのコメントを解除したい場合は、
M-x uncomment-region を行わなくては、一部でもコメントアウトされていない行が存在する場合
さらにコメントアウトすることになります。
参考