Emacsのコピーをクリップボードに

Emacs内で全ての作業を完了できてしまう方にとっては、それほど必要ないかもしれませんが、Firefoxなどの他のアプリケーションと行き来する人にとっては、M-wやC-kでコピーしたものを、他のアプルケーションで貼り付けを行いたいものです。

つまり、コピーに当たる操作を全てクリップボードに反映させたいわけですが、環境によってはデフォルトでこの設定がONになっている場合もあります。もし、デフォルトでは、クリップボードにコピーされない環境の方は、次の内容を.emacs(dot emacs)に記述してください。

(cond (window-system
(setq x-select-enable-clipboard t)
)) 

.emacsに記述した後は、Emacsを再起動するか、記述範囲をリージョンで囲み M-x eval-regionと入力してリージョンを評価してください。

これで、EmacsとFirefoxなどのアプリケーション間のコピペができるようになったはずです。もし、普段はクリップボードにコピーせずに、たまに使いたい場合はM-x clipboard-kill-ring-saveというコマンドを利用すれば、クリップボードにコピーすることができます。

また、右クリックでメニューが開く設定にしていれば、<copy>という項目をクリックすれば、同じ操作ができるはずです。