Emacsの操作基本(カーソル移動)

Emacsでは、矢印キーやPageUP, PageDownキーを使うことができますが、コマンドでもカーソルやページの表示を操作することができます。

カーソルを移動するコマンドのイメージは次の図をご覧ください。

                   M-<
                   M-v
                   C-p
C-a  ,   C-b       C-l      C-f   ,   C-e
                   C-n
                   C-v
                   M->

ちなみに「C-a」のCはCtrlキーを、M-vのMはメタキー(Alt、Escを一回押す)を表しています。

矢印キーと同じ機能

  • C-f  (forward) 次の文字に
  • C-b (backword) 前の文字に
  • C-n (next) 次の行に
  • C-p (previous) 前の行に

多くのテキストエディタでは、Homeキーを押すと行頭に、Endキーを押すと行末にカーソル移動できます。もちろんEmacsでも同様の機能が実装されています。

  • C-a 行頭
  • C-e 行末

ページの移動

  • C-v 次の画面
  • M-v 前の画面
  • C-l  カーソルを画面の中心になるようにページをずらす
  • C-<  ファイルの一番最初のページへ
  • C->  ファイルの一番最後のページへ

もし、Altキーを使ってC-< , C->が上手く動作しない場合は、OSでAlt + Shift に特別な意味付けをしている可能性が高いです。
Ubuntuの場合は、 設定 -> キーボードの設定 -> レイアウトのオプションに設定されている場合、このチェックを外せば上手く動作するはずです。