firefoxのキャレットブラジングモードのカーソルが飛ぶ場合の対処

firefoxで表示されているページを、エィデタの読み込み専用ファイルのように扱うことができるのが、キャレットブラジングモードです。
このモードを利用すれば、ページのコピーもマウス無しで操作することが
できます。
しかし、F7でキャレットブラジングモードをONにしてカーソルを一つ動かした瞬間に、ページの一番下にカーソルが飛ぶことがあります。
飛ぶことがありますというよりも、そういう使用のように見えます。
CSSでボックスが分かれている場合はTABキーで問題は解消されるので、得に問題ないのですが、カーソルが飛んでします問題は何かのキーを使っても解決されそうにありません。
そこで、Ctrl + f のページ内検索の機能と組み合わせることがおすすめです。
このページでいうと、「TABキーで問題」と検索に打ち込んで検索をかけると、上記に書いている文字列が反転されるはずです。
検索モードを閉じる時はEscキーを押します。
そしてF7でキャレットブラウジングモードをONにしてカーソルを一つ動かすと、検索結果の周辺にカーソルがあるはずです。
この動作を利用すれば、下手にカーソルを動かすよりも、よりスマートに目的の文字列をコピーすることができます。