Ubuntuでソースからインストール(都合が良い場合)

Ubuntu以外にも基本的には他のLinuxディストリビューション、Unixでも同じだと思います。
UbuntuではGUI環境なら、パッケージマネージャー、CUIならapt-getを利用してパッケージソフトをインストールします。
リポジトリに無いパッケージソフト(拡張子が.deb)も、GUIならダブルクリックで、CUIでもdpkgコマンドを使ってインストールすることができます。
しかし、Debianパッケージ(.deb Ubuntuもこれです)が用意されていないソフトをインストールする必要がある場合は、ソースをコンパイルしてインストールする必要があります。
私もよくわかっていないので、本当に都合よく言った場合の例だけあげます。
それでは、samplesoruce.tar.gzというソースファイルをインストールすることにしましょう。
まずは、ダウンロードしたファイルを解凍します。
$  tar zxvf samplesource.tar.gz
次に自分の環境に適したMakefileを作成するために./configureを実行します
$   cd samplesource
$  ./configure
ソースコードをコンパイルした後、インストール(ディレクトリにコピー)する
$  make
$  sudo  make install
これでエラーがでなければ、完了です。
ソフトを動かす点では、もうソースは必要無いのですが、
もしストレージに余裕があるのなら残して置くべきです。
アンインストールする場合にこのソースのMakefileファイルが必要になります。
Makefileにどのようなディレクトリにコピーしたか載っているので、それを見ながら、アンインストールする必要があるのです。
または、Makefileの中に、uninstall: と書いてくれていれば、
$  sudo make uninstall
でアンインストールすることができます。
場合によっては、makeにエラーが起きた場合、
./configureに色々なパラメータを負荷させる必要が生じることもあります。
もしgccがありませんと言われた場合は、
$ sudo apt-get install gcc
でgcc コンパイラをインストールします。