Ubuntuのキーボードレイアウト変更

筆者はUbuntu9.04で行いましたが、Fedora10, 11も同じ設定アプリケーションだったはずです。
筆者はノートパソコンにUbuntu9.04をインストールしています。
そこに、Happy Hacking Keyboard Pro2 英語配列(HHKB) をつなげて利用しています。
普段はHHKBを使うので、キーボードレイアウトを英語配列にしますが、出かける時は、ノートパソコンのキーボードを使うので、日本語配列に戻します。
その設定方法を紹介します。
[システム]  > [設定] > [キーボード] > [レイアウト]
日本語環境でインストールした場合は、キーボード型式が
日本語 106-key になっているはずです。
HHKB英語配列でも型式はこれでも支障ありません。
もし気になるようでしたら、「Happy」と検索をかけると、モデルの候補に「Happy Hacking Keyboard」が表示されます。
しかし、ここで選んでしまうと、レイアウトを変更する毎にこの部分を変更する必要が生じて面倒なので、そのままにします。
[+追加]で英語(USA)を選択して追加します。
これで準備は完了です。
HHKB用の英語配列に変更したい場合は、USAのデフォルトにチェックをつけ
[システム全体に適用]
あとは、ログアウトしてもう一度ログインすると反映されます。
本当は、X Window systemだけを再起動すれば、反映されるらしいけど、やり方がわからないので、現在は、この方法で行っています。