VistaとUbuntuをデュアルブート

Ubuntuがいくらデスクトップ用途として優れているからと言っても、
Windowsが全くない生活は正直不便な場面があります。
それにせっかくWindowsのライセンスを持っているのなら、それを使わないのももったいないので、今回はUbuntu9.04デスクトップ版とVistaをデュアルブートしました。
デュアルブートとは、言ってみれば、一つのマシンの中の二つのOSをインストールして
起動時に使いたいOSを選ぶことです。
それでは、Vistaがインストールされている状態から始めます。

  • Vistaのスタートメニューの「コンピュータ」を右クリック、「管理」を選択
  • 「ディスクの管理」でVistaがインストールされているハードディスクで右クリックして「ボリュームの圧縮」。↑圧縮した分だけUbuntuの領域が増えるので、しっかり圧縮しましょう
  • 未割り当ての領域ができればOKです
  • Ubuntuサイトから最新版のUbuntuのCDイメージをダウンロード。ちなみに筆者はUbuntu9.04
  • このソフトでダウンロードしたisoイメージをCD(DVD)に書き込みます
  • CDをドライブに入れて、再起動します(Bios でCDを優先させる設定が必要な場合があります)
  • あとは、聞かれたとおりに選択して、インストール領域については、連続している空白領域にインストールと言った内容の選択を選ぶ
  • 後半で登場する「拡張」でブートローダをインストールするという部分にチェックが入っているか確認。ブートローダのインストールが必要です。

あとは、道なりに進めば完了です。