VistaのMeadowのオススメ設定ファイル

以前の記事で、Meadowの設定ファイルのおき場所を設定しました。
そこに、.emacs もしくは .emacs.elというファイルを設置します。
LinuxのEmacsの場合はデフォルトでは、/home/ユーザ/ の下に設定ファイルを設置すると読み込んでくれます。
それでは、現在の私のVistaの.emacs .emacs.elを紹介します。

;;;  フォントの追加
(w32-add-font
"fontset-meirio"
'((strict-spec
((:char-spec ascii :height any)
(w32-logfont "メイリオ" 0 18 400 0 nil nil nil 0 1 3 49))
((:char-spec ascii :height any :weight bold)
(w32-logfont "メイリオ" 0 18 700 0 nil nil nil 0 1 3 49))
((:char-spec ascii :height any :slant italic)
(w32-logfont "メイリオ" 0 18 400 0	t nil nil 0 1 3 49))
((:char-spec ascii :height any :weight bold :slant italic)
(w32-logfont "メイリオ" 0 18 700 0	t nil nil 0 1 3 49))
((:char-spec japanese-jisx0208 :height any)
(w32-logfont "メイリオ" 0 18 400 0 nil nil nil 128 1 3 49))
((:char-spec japanese-jisx0208 :height any :weight bold)
(w32-logfont "メイリオ" 0 18 700 0 nil nil nil 128 1 3 49)
((spacing . -1)))
((:char-spec japanese-jisx0208 :height any :slant italic)
(w32-logfont "メイリオ" 0 18 400 0	t nil nil 128 1 3 49))
((:char-spec japanese-jisx0208 :height any :weight bold :slant italic)
(w32-logfont "メイリオ" 0 18 700 0	t nil nil 128 1 3 49)
((spacing . -1)))
((:char-spec katakana-jisx0201 :height any)
(w32-logfont "メイリオ" 0 18 400 0 nil nil nil 128 1 3 49))
((:char-spec katakana-jisx0201 :height any :weight bold)
(w32-logfont "メイリオ" 0 18 700 0 nil nil nil 128 1 3 49)
((spacing . -1)))
((:char-spec katakana-jisx0201 :height any :slant italic)
(w32-logfont "メイリオ" 0 18 400 0	t nil nil 128 1 3 49))
((:char-spec katakana-jisx0201 :height any :weight bold :slant italic)
(w32-logfont "メイリオ" 0 18 700 0	t nil nil 128 1 3 49)
((spacing . -1)))
)))
;;; デフォルトのフォントを設定
(setq default-frame-alist
(append (list
'(font . "fontset-meirio") ; フォントセット
)
default-frame-alist))
;; フレーム設定 
(setq scroll-bar-mode 'right) ;;スクロールバー右
(setq default-frame-alist
(append (list
'(width . 180)
'(height . 55)
'(top . 366)
'(left . 335)
'(alpha . (92 70 50 30))
)
default-frame-alist))
; C-3で横にウィンドウを分割してもauto-fill(折り返し)が適用されるようにする
(setq truncate-partial-width-windows nil)
;; リージョンをShiftで設定できるようにする
(pc-selection-mode)
;;Color
(if window-system (progn
(set-background-color "Black")
(set-foreground-color "LightGray")
(set-cursor-color "Gray")
(set-frame-parameter nil 'alpha 92)
))
;;ビープ音無し
(setq visible-bell t)
;; backupfile
(setq make-backup-files t)
;;バッファリストをカレントに表示
(global-set-key "\C-x\C-b" 'buffer-menu)
;; 右クリックでメニューがでるようにする。
(defun bingalls-edit-menu (event)
(interactive "e")
(popup-menu menu-bar-edit-menu))
(global-set-key [mouse-3] 'bingalls-edit-menu)
;; 最初にでる画面を消す
(setq inhibit-startup-message t)
;; 起動直後のカレントディレクトリの設定
(cd "~/")

これが、今の私のMeadowの設定ファイルです。
これで、Windowsショートカットキーは扱うことができませんが、これでWindowsアプリケーション感覚Meadowを扱うことができます。
オブジェクトにalphaというものがありますが、これは透明度を表すものなので、vistaの場合、エアロを有効にする必要がありそうです。