VMware Player 2.5でVMware Toolを使う方法

現在Windows Vista とCentOS5 をマルチブートで利用しているのですが、Windowsばかりを使う日と、Linuxばかりを使う日に分かれてしまいます。とくに、Linuxはまだまだ入門勉強中なので、Windows過多になりがちです。

そこで、Windows Vista上にVMware Playerを利用して、仮想化することにしました。導入方法については別途記載。

VMware Player2.5にlinux.iso windows.isoが無い

VMwareをさらに便利に利用するには、VMware ToolsというツールをゲストOSにインストールする必要があります。いろいろな方のブログを拝見させて頂いたところ、どうやら、最初からlinux.iso(guestOSがWindowsの場合はwindows.iso)というファイルが入っていた、これをゲストOSでインストールするだけみたいです。
思ったより簡単にできそうだと思っていたのですが。

今回私が利用したバージョン 2.5には最初から入っていないみたいです!!Vistaの検索機能(findとgrepには及びませんがかなり便利ですよね。)を使いましたが、確かに見つかりません。

どうやら、簡単な無料登録をするだけでダウンロードできるようになるみたいですが、一体どこからダウンロードできるのかまではわかりませんでした。
もし見つからなかったら、2.0.xのバージョンに移行しようと思います。

旧バージョンからVMware Toolを取り出す

まずは私が行った環境はこちらです。ホストvista ゲストcentos5.2です。Fedora coreもそんなにかわらないと思います。VMware Player 2.5には残念ながら、VMware Toolが入っていません。

VMware ToolはゲストOSにインストールすることによって、ホストゲスト相互間で、コピーとペースト、ファイルのドラッグなどをすることができます。
外部サーバーでは得ることができないメリット得ることができます。

さて、VMware Toolをインストールするためには下のファイルが必要になります。

  • windows.iso(ゲストマシンがwindowsの場合必要)
  • linux.iso(ゲストマシンがlinuxの場合必要)

これらのファイルはVMware Player 2.0.*のバージョンには含まれています。取り出すためにはインストールが必要なのでやってみると、「最新バージョンのVMware Player」が既にインストールされています!」っと。レジストリをいじってやることも可能かもしれませんが、今回は別のPCにインストールして取り出してみました。

別のPCが無い方や、それがWindows機で無い方はVMware Serverをインストールしても同じファイルがあるはずです。また確認はしていませんが、ゲストにLinuxを走らせている場合は、wineからインストールするという手もありかもしれません。

あとは、手に入れたisoファイルをisoイメージとしてゲストのLinuxに届けましょう。VMware Player 2.5.1なら直接「デバイス」->「CD/DVD」->「isoイメージに接続」(こんな感じだったかな?)という感じにしてそのファイルを渡せばいいと思います。

あとは簡単です。インストーラーがついているのでそれを起動するだけでOKってことになります。こんな感じでしました。

  • su –    #rootになります
  • cd      #rootのhome下です
  • cp /media/VMware\ Tool/VMwareTools-5.5.2-29772.tar.gz  . #今いるとこにファイルをコピー
  • gzip -dc VMwareTools-5.5.2-29772.tar.gz | tar xvf –   #解凍ですね。できるならtar zxvf でもOK
  • cd VMwareTools-5.5.2-29772
  • vmwaretools.pl       #インストーラシェル実行
  • #デフォルトでOKと思うのであとはエンター

gccのバージョン不足や、kernelが新しすぎてもエラーが出るみたいなのでご注意を。
ちなみに、自動起動させてたい場合は、X windowの システム>設定>他の個人の設定>セッション>自動起動するプログラム>追加>vmware-toolbox
でCentOSの場合はOKです。